ファイナンシャルプランナーの学習が役に立つ。お金の不安を解消。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

家計のやりくりに興味があるので、ファイナンシャルプランナーの勉強をしています。

3級と2級は取得済みのため、次は1級を受験予定です。

—免責事項—

投稿日現在の法令などに基づき正確な記事投稿に努めておりますが、万一、当ブログの情報により損害が発生したとしても責任を負いかねます。



学習項目

ファイナンシャルプランナーの学習項目として、

  1. ライフプランニングと資金計画・リスク管理(生命・損害保険など)
  2. 年金・社会保険
  3. 金融資産運用(株式投資など)
  4. タックスプランニング(所得税など)
  5. 不動産
  6. 相続・事業承継

を学ぶことができます。

お金について幅広く学ぶことができるので、いろんな制度を知るきっかけになってます。

学習メリット

各種制度の違いなどが分かるようになるので、家計のやりくりを考えるときに役立っています。

例えば、

  • 国民年金と厚生年金
  • 国民健康保険と健康保険(協会けんぽ or 健康保険組合)
  • 所得税と住民税
  • 賃貸とマンション購入

などの違いを知るきっかけになりました。

また自分の場合は仕事を辞めるかどうか判断するときに学習内容が役に立ちました。退職してから何ヶ月働かなくてよいか試算するときに各種制度をしっていると役立ちます。

退職後は半年間無職だったのですが、当時は学習内容を活かして計画的にニート生活を送っていました。ただ当時は予算以上にクレジットカードを使いすぎてしまったので、家計簿アプリを使っていればよかったと反省しています。

計画的にニート生活を送るうえで、

  • 国民健康保険と任意継続はどちらがよいか
  • 退職後に住民税はいくら自分で払うか
  • 失業手当はいくらもらえるか

など、ファイナンシャルプランナーの学習項目が役立ちました。

3級・2級の受験対策

3級と2級を取得した時の学習方法について書きます。

使用した教材は、2級受験用の

  • 参考書
  • 問題集

の2冊です。




3級の受験対策時から2級用の参考書・問題集を使用したのは、お金と時間を節約するためです。最初から2級の学習項目も学ぶことになってしまうのですが、3級合格後に2級を受験するときにまた同じ教材を使用することで知識の定着度を上げることができます

2級の受験資格が3級合格のため、基本的に3級から受験することになります(汗)

ですので、2級も受験予定の方は最初から2級用のものを購入すると良いと思います。

1級の受験に向けて

受験予定の1級対策として、「みんなが欲しかったFPシリーズ」の参考書2冊と問題集1冊を使用しています(8冊に分けることができ持ち歩きに便利です)。



合格だけを目指すのではなく、実際に自分で資産運用をしてみたり、各種優遇制度が利用できないか検討して実生活に活かしていきたいと思います。